やまさだ眼科

ご予約/お問い合わせ
Tel.06-6753-7570

まぶたの病気

まぶたの病気

まぶたの病気まぶたのことを専門用語で眼瞼といいます。当院では全国的に有名な眼形成専門の眼科医を招聘しています。

下記のような眼瞼疾患に対して、かなりハイレベルな眼瞼手術を当院で受けていただくことが可能です。まぶたで困ったことがあれば気軽にご相談下さい。

眼瞼下垂

眼瞼下垂とは、まぶたを持ち上げる筋肉がうまく働かず、まぶたが下がってしまっている状態です。まぶたを持ち上げる筋肉は正常でまぶたの縁はしっかり挙がっていてもまぶたの皮膚のたるみが強く、眼瞼下垂のように見える状態を偽眼瞼下垂(または眼瞼皮膚弛緩)といいます。

眼瞼下垂になりますと視界を狭く感じたり、おでこの筋肉を使ってまぶたを挙げようとするため、おでこのシワが強くなったり、頭痛や眼精疲労が出やすかったりします。また、見た目として、二重の幅が広くなったり、眉毛が挙上され眼と眉の間の距離が長くなったりする方もいらっしゃいます。

眼瞼内反症

まぶたのフチが眼球側に巻き込まれて、睫毛や皮膚が眼球に触れてしまう状態をいいます。先天性の場合と加齢性の場合があります。

眼瞼外反症

まぶたが外側にめくれ、眼を閉じても白目が露出し続けるような状態をいいます。まぶたが閉じにくくなるため眼が乾燥しやすく角膜に傷がついてゴロゴロします。

また、白目が露出して見えるため整容上の問題もあります。加齢性の場合と怪我や炎症疾患による瘢痕性の場合があります。