やまさだ眼科

ご予約/お問い合わせ
Tel.06-6753-7570

一般眼科

眼精疲労

眼精疲労手元の細かい作業を長時間したり、パソコンや携帯電話の画面を注視し続けたりすると、ピント調節を行っている毛様体筋が疲弊して目に疲れが出ます。

また、度数の合っていない眼鏡やコンタクトレンズをしていると、毛様体筋が無理にピントを合わせようとして、疲れが出やすくなります。ストレスや睡眠不足などで自律神経が乱れても、毛様体筋の緊張が続いたり、涙の分泌量が減ることがあり、目が疲れてしまいます。

老眼

加齢にともなう水晶体と目の筋肉の衰えが原因です。若いうちは、レンズの役割を果たす水晶体の厚みを変化させて、手元が見えるようにピント調節をすることができます。

しかし、40歳頃から水晶体の弾力が低下し、水晶体を支える毛様体筋も衰え、水晶体の厚みを変化させることができなくなっていきます。そのため、近くのものがぼやけて見えにくくなります。40歳前後から症状が出始め65歳くらいまで症状が進み、その後の進行は緩やかになります。老眼の状態では、無理にピント調節をしようとするために目が疲れ、肩こりや頭痛をともなうこともあります。近くが見えにくいままで生活していると、知らず知らずのうちに目が疲れますので老眼鏡は早めにつくりましょう。

まずは眼科を受診し、その処方箋を持って眼鏡店に行くことをおすすめします。

ドライアイ

最近、パソコンやスマートフォンなどの普及により目を酷使して、目が疲れやすい、あるいは何となく目を不快に感じるという人が増えています。目に不快感があると仕事のみならず、日常生活でも大きな不便を感じたり、肩こり、頭痛、吐き気などの症状を招いたりすることがあります。こういった症状の原因の一つとしてドライアイがあります。

ドライアイとは、涙の質が少なくなったり、量は十分でも涙の質が低下したりすることにより、眼球の表面を潤す力が低下した状態です。そのため眼の表面に傷がつくことや、目に入ってきた細菌や花粉などの異物を涙ですぐに洗い流すことができなくなり、感染症やアレルギーなどの炎症が起こりやすくなります。目が重い、目やにが出る、目がゴロゴロするなど、少しでも不快感があればお気軽にご相談下さい。

飛蚊症

眼の中の濁りによって虫が飛んでいるように感じる状態です。年齢により自然に生じる生理的なものがほとんどで治療を必要としないことが多いですが、なかには網膜剥離や出血、炎症など治療が必要な病気に伴って生じることもあり、特に急に出現した場合は早めに眼底検査を行った方がよいでしょう。

アレルギー性結膜炎

アレルギー性結膜炎とは、目の表面に花粉などのアレルゲン(アレルギー反応を引き起こす物質)が付着して、結膜に炎症を起こす病気です。目の異物感、かゆみ、涙目となり重症になると視力も低下します。花粉などが原因で特定の季節のみ症状があらわれるものを季節性アレルギー性結膜炎といい、一年中症状がみられるものを通年性アレルギー性結膜炎といいます。重症のものでは、子どもに多くみられる春季カタル、ソフトコンタクトレンズを使っている人にみられる巨大乳頭性結膜炎などがあります。

主なアレルゲンには次のようなものがあります。

  • スギ花粉(時期:1~5月)
  • ヒノキ花粉(時期:3~5月)
  • カモガヤ花粉(時期:5~7月)
  • ブタクサ花粉(時期:8~10月)
  • ハウスダスト(チリ、ホコリ、ダニ、カビなど)
  • 動物の毛
  • コンタクトレンズの汚れ

眼鏡とコンタクトレンズの処方

当院では眼鏡合わせもコンタクトレンズ合わせも可能です。適切な眼鏡やコンタクトレンズを使用しないと眼精疲労やドライアイ、視力低下につながります。また、コンタクトレンズは目にとっては異物ですから、適切なコンタクトレンズを装用し、正しいケアを行わないと障害が起こりやすくなります。コンタクトレンズを使用している方は異常がなくても、3ヶ月程度に1度は眼科で定期検査を受けることを受けることをお勧めします。

もしトラブルが起こった場合はできるだけ早く受診して下さい。

なお、当院ではコンタクトレンズ処方箋のみの発行は行っておりません。当院で交付したコンタクトレンズを使用いただき、眼に異常が出ないか当院で責任をもって経過観察させていただきたいからです。どうかご了承ください。

眼科健康診断

健康診断(人間ドック)で異常ありと言われたことはありませんか?

健康診断を受けた時に「緑内障の疑い」や「眼底に異常」といわれることがあります。また、眼科検診から糖尿病などの全身疾患が見つかることもしばしばあります。その他、緑内障や網膜の病気(黄斑変性など)もありますので、異常を指摘された場合は早めに眼科を受診して下さい。