やまさだ眼科

ご予約/お問い合わせ
Tel.06-6753-7570

小児眼科

小児眼科

小児眼科小児が成人とほぼ同じ視力まで成長するのが6歳ころと言われています。生まれたばかりの赤ちゃんはまだぼんやりとしか見えていません。生後3ヶ月~6ヶ月頃に急激に発達し、その後成長と共に徐々に発達し、小学校に行く頃には大人と同じくらいまで見えるようになるのです。小児の目の異変は、早期発見、早期治療が最も大事なのですが、幼いお子さまは、自分で「目が悪い・見にくい」とは言ってくれません。

その為、小学校に入ってからの検診で目が悪いことにはじめて気づき、受診される方も少なくありません。早い時期に治療を受けられれば視機能の発達を促していくことが可能ですが、学童期を過ぎてから治療を行っても大きく改善させることは難しいです。当院では常勤の視能訓練士が働いており、小児の眼鏡合わせも可能です。下記のような斜視・弱視等、少しでも気になればお早めにご相談下さい。

斜視

物を見ようとする時に、片目は正面、もう片目が違う方向を向いてしまっている状態が斜視です。まっすぐ見ていない目は成長せずに弱視となることがあります。

早めに対応すれば目の成長は期待できるので、おかしいと感じたら早めに受診して下さい。大人でも眠かったり酔っていたりすると目の位置がずれることがあります。寝起きの時のみちょっと目線がずれる程度であればそれほど問題とならないことが多いです。

弱視

角膜、水晶体、硝子体を通って、網膜の中心窩にピントが合った後に、その情報が視神経を通って脳に伝わります。

弱視は、この視覚情報が伝わる経路のどこかに支障があるときに生じます。この原因は、視力の発達の感受性期に片目または両目に適切な視覚刺激を受け取ることができなかったために視力の発達が止まったり遅れたりすることによります。